FANDOM


ATAT-CHRON
All Terrain Armored Transport (AT-AT)
AT-AT
製造に関する情報
製造元
型式

全地形用装甲歩行兵器

級種

強襲型ウォーカー

価格

非売品

技術設計に関する情報
全高

22.5 m

最高速度

60 km/h

エンジン

KDY社製FW62コンパクト・フュージョン・ドライブ・システム 2基

武装
補助装備
操縦要員
最小乗員

3名

乗客定員

兵員 40名以上(内部の積載状況に依存)

積載重量

1 t

使用に関する情報
役割
  • 装甲
  • 機械式歩兵
  • 自走式砲塔
  • 兵員輸送艇
年代
所属
  

AT-ATは、映画スター・ウォーズ/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』に登場する兵器の名前。

概要 編集

帝国軍主力兵器。通称スノーウォーカー。AT-ATとはAll Terrain Armored Transport(全地形装甲トランスポート)の頭文字。4本の足で地上を歩行し、2基のヘヴィ・レーザーキャノンとミディアム・レーザーキャノンを兵装に持つ。

前機はAT-TE、及びクローン・ターボタンク(巨大装輪装甲車、AT-TEに大型タイヤをつけた原始的な車両)。効率的な兵器だったが、皇帝がより攻撃的な兵器を求めたのでAT-ATが開発され、AT-TEは退役している。

非常に堅固な装甲を持ち、同盟軍迎撃機のレーザーは全く効かなかった。撃破するには十分な攻撃態勢を整え、集中攻撃を加えることが必要である。

武装はコクピット下部に搭載された主力のツイン・ブラスターに、簡単な速弾砲のような物を装備しており、コクピットがある首の部分のみが上下左右に少しだけ動く。兵員の投下には脚を畳んで3m程度まで兵員室を下げてスロープで降下するのと、ロープでラペリング降下の二つがある。

強力な兵器である一方で、心理的な作戦のため機体を大きくしたため、脚部が長くバランスが悪い。劇中では同盟軍エアスピーダーのケーブルで足を絡められて、前のめりに転倒させられ撃破されるシーンがある。

本体の方向転換は極めて難しく、小回りがきかない。後部の状況もコクピットから肉眼では一切確認できない。操縦席には、周囲を非常に遠くまで見ることが出来るスコープが搭載されている。

作中での活躍 編集

AT-AT 2

ホスの戦いにおけるAT-AT

ホスの戦いでは、マキシミリアン・ヴィアーズ将軍がスノートルーパーを搭載したAT-ATの部隊を率い、反乱同盟軍に大きな打撃を与えた。 前述のように、ケーブルを脚にからめられ転倒したところに、装甲の薄いコックピットと兵員室を繫ぐ首へ集中攻撃を受けて破壊されている。 また胴体下部も装甲が薄いようで、ルーク・スカイウォーカーライトセーバーで破り開けた穴から、内部にサーマルデトネーターという手榴弾(放射能を出さない超小型核爆弾、種類によって異なるが爆破範囲5m~100m)を投げ込んで破壊した。

エンドアにも配備されているので、エンドアの戦いにも登場している。ダース・ヴェイダーの元へ投降してきたルーク・スカイウォーカーを運んできたのもAT-ATである。

類似機種 編集

AT-PT
AT-AT以前に存在した機体で、外見は似ているが一人乗り。三連装レーザー砲を装備し、45度の傾斜も登れる二足歩行兵器。兵士をより破壊的な任務に就かせる為の兵器で、作戦能力向上を目的にしている。AT-ATの設計思想の元となった。銀河共和国時代に開発されたが、実戦には不参加。スピンオフ作品に登場した際は、カタナ艦隊に配備されるも行方不明になった。帝国では小規模部隊に配備された。反乱軍が基地より奪取し使用したエピソードもある。
AT-ST
AT-ATより小型で小回りが利く。AT-XTの簡易量産型でもある。エンドアの戦いでは、森林戦ゆえか小回りの利くAT-STが多数(劇中で確認できるのは4機)投入されイウォーク達を苦しめた。耐久力ではAT-ATに及ぶべくもないようで、2機がイウォークの丸太を用いた原始的な罠によって撃破されている。同戦いでチューバッカとイウォークはこれを奪取し乗り回しており、操縦は難しくないようである。
AT-RT
AT-STよりさらに小型で、警戒及び偵察用。シスの復讐では、オーダー66から逃れたヨーダを追跡した。
AT-XT
偏向シールド、連装レーザー砲、迫撃砲を搭載した高性能機種。高コストで一部部隊のみに配備された。後に退役。

備考 編集

当初は、ノルウェー軍から本物の戦車を借りてデコレーションする方向でデザインが進められたが、フィル・ティペットらによるストップモーションで撮影される事が決まり、以前にシド・ミードが鉄鋼会社のパンプレットに描いていた4本脚のトラックをモチーフにしたデザインが起こされた。

動きは動物園のを撮影したフィルムを参考にしている。この象はエピソード4『新たなる希望』でヤクに似た毛むくじゃらの4足動物バンサを演じている。

外部リンク 編集