FANDOM


ヨーダ (Yoda) は、ジョージ・ルーカス監督の映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する生物(エイリアン)である。性別は男性。

概要 編集

身長わずか66cmのジェダイ・マスターで、銀河唯一の存在であるグランド・マスターの称号を持ち、生ける伝説と称される人物である。ジェダイ評議会の長老でありしわをたくわえた緑色の肌、質素な服と杖を持つ、老人の姿をしている。脚力は特別に発達しており、戦闘においては、ライトセーバーを手に、変幻自在に跳ねまわる体術(フォームIV「アタール/アタロ(Ataru)」に種族特有の運動能力を掛け合わせた発展型と思われる)を駆使する。その実力はジェダイの中でも屈指のものであり、ライトセーバーの腕、フォースの強さ共に最強と云われ、かつての弟子であるドゥークー伯爵やダース・シディアスと肩を並べるほどである。彼の種族に関してはエピソード1でジェダイ評議員の一人として登場していたヤドルという女性のジェダイ・マスターがヨーダと同じ種族である事しか判明しておらず、彼らの出身地および出身種族名は今のところ公式には明かされていない。

映画内では高齢のため衰えた体力をカバーするためにフォースを自らに使うことでアクロバティックな動きを可能としている。また、体が小さいためライトセイバーも小型であり、色は緑。

ヨーダ級のジェダイ・マスターは、ライトセーバーを使わなくても十分に戦闘可能であるといわれている。実際、ドゥークー伯爵との決闘の時、ヨーダは数十年ぶりにライトセーバーを握ったとされている。

9世紀にわたる生涯のうち、800年以上をフォースの指導者として後進の育成に努め、主に年少のパダワン(弟子)の指導を行っていた。ジェダイ評議会の最長老として、誰よりも深い洞察力をもって、ジェダイをあるべき方向へ導いた。

主な弟子に、ドゥークー伯爵ダース・ティラナス)、メイス・ウィンドゥキ=アディ=ムンディらがいる。

しかし、そのヨーダでもダース・シディアス(パルパティーン元老院最高議長)の野望を阻止することは出来なかった。パルパティーンがシスの暗黒卿であることさえ、完全に突き止めることが出来なかったのである。アナキン・スカイウォーカークローン・トルーパーの反乱によってジェダイの大半が非業の死を遂げる中、チューバッカらの助けによって難を逃れたヨーダは、皇帝となったシディアス卿に1対1の対決を挑んだが、最初は対決をためらってみせたダース・シディアスはヨーダが思うより強力だった。ヨーダはシディアスの立ち位置を利用した攻撃によりシディアスを倒し損ね、シディアス卿によるジェダイ狩りから逃れるために惑星ダゴバの湿地帯で隠棲生活を送ることを余儀なくされた。そして、皇帝によるジェダイの抹殺を目的とした混乱の中で、ヨーダに関する資料や記録は失われてしまった。エピソード3のラストシーンでは、クワイ=ガン・ジンと交信しており、小説版では「君のアプレンティス(弟子)になる」という台詞がある。

隠棲すること約20年、その生涯の最後にルーク・スカイウォーカーをジェダイとして育て上げたあと、死去(宇宙に満ちているフォースと一体化)した。 ジェダイ・オーダーの頃は荘厳にして厳格であったのに対し、隠棲の後の彼は長い孤独や自責の念からか、幾分、角のとれた性格になっている。そのため、ルークを試した際は道化を演じきって見せたほか、オーダー時代には見せなかった一面を見せている。晩年は咳き込む場面が増え、自身も悟っていた通り病で没するも、死してなお霊体となりルークを後押しし続けた。

ヨーダのモデル 編集

ヨーダのモデルについてはデザインをしたスチュアート・フリーボーンが、自分自身を基にして目をアルベルト・アインシュタインとミックスしたとDVD-BOX「STAR WARS TRILOGY」の特典ディスクで証言している。

名前の由来は溝口健二監督のほとんどの脚本を手がけた大阪芸術大学元映像学科長の依田義賢であるという説は有名である。論拠としては、ルーカスが溝口健二監督のファンであり、ルーカスからヨーダのぬいぐるみが依田義賢に届けられたという話があること、ルーカスは「あなたの耳は面白い形をしている」と依田教授に言ったこと、「ヨーダのモデルはあなたですか?」の問いに依田教授が笑って答えを返さなかったことなどが挙げられている。

イギリスの映画評論家トニー・レインズも、「日本の脚本家・依田義賢が、ヨーダのモデルである」と発言している。さらに、「依田がサンフランシスコのフィルムアーカイブで講演した際に、フランシス・F・コッポラが聴講しルーカスに紹介したのが、依田とルーカスとの出会いである」としている。この件に関しては、ルーカスも認めているとレインズは語っている。つまりこの講演会がルーカスと依田を結び付けたという。この講演会については、依田の実の息子であり現大阪芸術大学芸術学部教養課程主任教授である依田義右も、その事実を認めている。

なお、ルーカス本人は1999年6月2日の来日時の記者会見で糸井重里の発した「ヨーダの元は依田さんですか?」との質問に対して「NO」と明確に否定している[1]

キャラクター制作 編集

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の製作は、1979年より始まっていたが、スチュアート・フリーボーンによるデザインのみが決まっていたヨーダを現実化する方策を、ルーカス・フィルムは所持していなかった。この問題の解決にあたったのが、製作者ゲイリー・カーツだが、彼はマペット映画で知られるジム・ヘンソンのもとを訪ね、ヘンソン社に協力を取り付けた。

ジム・ヘンソンは当時、『セサミストリート』、『マペットショー』などのテレビ番組制作に並行して、マペットを使用した本格的なファンタジー映画の製作を準備中で、この製作チームの中から、フランク・オズやウェンディ・ミッドナー、キャスリン・ミュレンを始めとする人形製作チームがルーカス・フィルムの撮影現場に加わり、ヨーダのキャラクターを実現することとなった。ヨーダはラテックスの皮膚を持つリアルな人形キャラクターの原型となったが、これらヘンソン社の造形・操演チームの努力は後に映画『ダーククリスタル』として、結実することとなる。

なおヨーダの声の担当として、多くの候補がオーディションを受けたが、最終的にヨーダを操演した本人であるフランク・オズが担当することとなったことについて、「極めて個性的な声ながら、彼以上にヨーダの本質を捉えている人はいなかった」とゲイリー・カーツが語っている。

CGキャラクターが跋扈したエピソード1でも一部を除いてパペットで演じられたが、エピソード2/3では遂にヨーダもフルCG化され、サブサーフェイス・スキャタリングという最新のCG技術によって、リアルな肌の表現がなされた。特にエピソード2終盤の、従来のヨーダの印象を完全に覆したダイナミックなライトセーバー戦はCGならではの物であった。一方、ライトセーバー戦の相手にとっては難しい演技を要求されるようになったらしく、エピソード3でヨーダと対決したパルパティーン役のイアン・マクダーミドは「相手が見えないので非常に難しかった」と語っている。なおエピソード2ラスト近くでヨーダがクローン戦争の始まりを告げるシーンは、ヨーダの表情になかなかルーカスのOKが出ず、ILMのCGスタッフの間では担当者がなかなか家に帰れないという事で「家庭不和製造ショット」と呼ばれていた。

余談 編集

日本語吹き替えは新三部作では永井一郎が演じているが、旧三部作は度々キャストが変更されている。オリジナル劇場公開時(エピソード5のみ)こそ、新三部作と同じ永井の吹き替えであったが、現在発売されているDVDでは辻村真人へと変更されている。

バンダイナムコゲームスから発売されたソウルキャリバーIVのXBOX360版に操作キャラクターとして特別出演を果たした。ダース・ベイダーも同作のプレイステーション3版に特別出演している。

ヨダ(Yoda)という姓の日本人女性がヨーダと間違われてSNSサイト「Facebook」の登録を拒否されたという事例が発生している[2]

出典 編集

  1. 「GEORGE LUCAS 来日記者会見 '99.06.02/東京・新宿」『GaZO』VOL.4、徳間書店、1999年、p.93
  2. テンプレート:Cite news

関連項目 編集

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はヨーダにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。