FANDOM


ムスタファー(Mustafar)はスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐に登場する架空の惑星である。

概要編集

ムスタファーはアウター・リムに存在する出来て間もない惑星で、巨大なガス状惑星ジェストファッドとレフラーニに挟まれ、この2つの星から発せられる強力な引力によって中心のが常に過熱され大規模な地殻変動が起きている。その為地表のほとんどが活火山(休眠状態の火山も存在する)に覆われており、空は暗く火山灰が地表に降りそそぎ溶岩の河や滝ができている。

悪夢の様な景観を持つこの星には貴重な鉱物が溶岩とマントルに豊富に含まれており、独立星系連合に参加した巨大企業テクノ・ユニオンは原住民のムスタファーリアンと協定を結び、外界の科学技術を提供する代わりに耐熱シールドに守られた巨大な鉱物採集工場を築いた。ムスタファーリアンはテクノ・ユニオンから提供された防護服を着込んで作業ドロイドと共に鉱物の溶け込んだ溶岩をバスケットでくみ上げる仕事に従事している。彼等は夢中になって仕事をしているため仕事に無関係な外界人については全く関心を持っていない。

劇中での描写編集

テンプレート:ネタバレ クローン大戦中にはこの星は万全な防備(小説版ではこの星の防御システムに対する出費のせいで通商連合が破産しかけたほどだと言われている)がなされている分離主義者達の隠れ場所となっており、戦争終結直前にはダース・シディアスの命令により、独立星系連合のリーダー達がこの星の工場に集められダース・ベイダーの手によって皆殺しにされた。その後、オビ=ワン・ケノービダース・ベイダーの決戦の地となる。 テンプレート:ネタバレ終了

備考編集

ムスタファはアラビア語で「選ばれし者」の意味である。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はムスタファーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。