FANDOM


ホスの戦い(ホスのたたかい、英語:Battle of Hoth)は、映画『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』冒頭で繰り広げられる反乱同盟軍帝国軍の戦い。ヤヴィンの戦いの3年後に行われた。

概要編集

テンプレート:Battlebox 帝国の目を避け惑星ホスに秘密基地を設立した反乱同盟軍だったが、帝国のプロボットに基地の場所を発見されてしまう。

ダース・ヴェイダーの<エグゼキューター>を旗艦とする帝国艦隊がホス軌道上に到着した際にワープ解除地点がホスに近すぎたために同盟軍に接近を気付かれ、同盟軍が先手を打って惑星上にシールドを展開したため帝国軍は衛星軌道上からの攻撃を断念しマキシミリアン・ヴィアーズ将軍指揮下の地上部隊を投入することを決定する。

この直前にダース・ヴェイダーは独断即決によって、ホスに接近し過ぎるという失態を犯した艦隊司令官のケンダル・オゼル提督を処刑し、後任に<エグゼキューター>艦長ファーマス・ピエットを任命する。

カーリスト・ライカン将軍の判断の下、撤退準備を進める同盟軍のエコー基地に帝国軍のAT-ATを始めとするウォーカーの部隊が接近。もはや残された時間はわずかであった。

ルーク・スカイウォーカー率いるローグ中隊スノースピーダーで迎撃発進、帝国軍との戦闘に突入。しかし、ルークの砲手であるダク・ラルターが被弾・死亡。ルーク自身も墜落してしまう。

ルークに代わりウェッジ・アンティリーズがローグ中隊を率いてトゥ・ケーブルを足に絡ませて倒すという戦法やルークが直接乗り込んで爆薬を仕掛けてAT-ATを倒すが、マキシミリアン・ヴィアーズ将軍のAT-ATがパワージェネレーターを破壊。同盟軍は全軍を撤退させ、彼等は銀河の端にある合流定点にて落ち合った。

関連項目 編集

es:Batalla de Hoth fr:Bataille de Hoth it:Battaglia di Hoth nl:Slag om Hoth pl:Bitwa o Hoth th:ยุทธการฮอธ