FANDOM


フォース(Force)とはアメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空のエネルギー帯。生命体から無機質まであらゆるものを包んで満たしており、未来を予知する力、他人の心を操る力、触れずに物を動かす力などのジェダイシスの超常的な能力の源となっている。

1977年のシリーズ第1作『スター・ウォーズ』劇場公開時には「理力(りりょく、りりき)」という訳語が充てられたが、近年ではあまり使われない。

概要 編集

生まれつきフォースに敏感な者は、目には見えないこの「エネルギーの流れ」を感じ制御して操作することが可能である。ルーク・スカイウォーカーヨーダオビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジンなどを代表とするジェダイはフォースを使って正義を行う。ジェダイの用いるフォースは「ライトサイド(光明面)」と呼ばれる。一方でダース・ベイダーアナキン・スカイウォーカー)、ダース・シディアス(パルパティーン)、ダース・モールなどのシスの暗黒卿やアサージ・ヴェントレスジョルース・シボースなどに代表されるダーク・ジェダイは己の欲求を満たすためにフォースを悪に用いており、そのフォースも怒りや憎しみによって引き出される「ダークサイド(暗黒面)」のフォースである。

エピソード1』では、生物の細胞中に含まれる共生生物ミディ=クロリアンの値がフォースの強さに影響を持つことが示唆されており、各個人の扱うフォースの強さは生得的な要素が大きいと考えられる。

作中では、ジェダイおよび反乱同盟軍の合言葉として、「フォースと共に在れMay The Force Be With You)」という文句が登場している。また、ジェダイは「死ぬ」という概念を「フォースとひとつになる」と表現する。

フォースの主な能力 編集

予知 編集

敵の攻撃をかわすなどの際に多く用いる。また、ある程度先の未来を読むこともできる。予知夢のような形で無意識的にこの能力が使われる事もある。

ジェダイの騎士がライトセーバーを使用した戦闘で強いのは、剣術を会得しているのはもちろんのこと、フォースの予知能力により敵の攻撃をある程度先読みして剣を繰り出すところが大きい。

しかし、ヨーダのような達人級のジェダイでもダークサイド等の妨害により、「未来が曇っていて見えない」ことがある。他にも、「暗黒面の帳(とばり)」「フォースを闇が支配している」などと表現しており、漠然とながら自分たちの千里眼に限界があることを感じていた。

後にヨーダはルーク・スカイウォーカーに対し、未来にばかり目を向けていてはいけないと説き、予知能力の乱用や妄信は危ういと警告している。これは、霊体化の秘密を解き明かしたクワイ=ガン・ジンの提唱した現在のフォース"リヴィング・フォース"を信奉する理念こそが正しかったと認めた証でもあり、実際、「選ばれし者」に関する古の予言や、妻の死を連想させる予知夢に悩まされた結果、人生を狂わせてしまったアナキンの前例からも立証されていると言える。

直接触れることなく物を動かす編集

テレキネシスとも呼ばれ、戦闘の要となる技術の1つ。これを自分自身に対して使用する事で宙に浮くことも可能であり、ルークがダソミアで実際に行った例などがある。フォースの強力な者が相応の訓練を積めば宇宙船のような質量の物体さえも動かすほどの力を発揮する事も可能となる。

ジェダイは特に複数の敵と戦う場合に、相手を吹き飛ばす用途でこれをよく用いる。脆いドロイドなどであればこの一撃で破壊することも可能。他にも、落下物を押しとどめたり、敵機同士を衝突させたり、進んでくる相手や障害物を後退させたり、砂や水を巻き上げて目を眩ましたりとトリッキーな使い回しが特徴的。

また、フォースの能力者にとってこの動作は生活の一部であり、離れた物体を引き寄せるなどはもちろん、ドアやハッチの開閉、ちょっとした冗談や悪戯、手持無沙汰なときに辺りの物を掌で転がしたりなど幅広く活用している。

ダース・シディアスのようなシスの暗黒卿は、これを利用して物体を相手に落としたり、投げつけたりするといった攻撃手段として用いており、さらにダース・ベイダーやダークサイドに墜ちたときのジョラス・シボースはこの能力を応用して、位置さえ分かっていれば相手が遠くに離れていようと直接手を触れずに、指を曲げる仕草をするだけで、相手の首を絞め上げる「フォース・グリップ(フォース・チョークと表記されることもある)」という技を使うことができる。

コラン・ホーンなど、この能力を持たないジェダイもいる。

視覚に頼らず周囲を感知する 編集

周囲の状況を詳しく知ることができるため、待ち伏せにあらかじめ備えることができる。また、戦闘機やポッドレーサーといった判断力と反射神経を要する乗り物の操縦にも役立てられる。

他人の心を読み取る 編集

相手の感情がフォースに与える影響を通してその相手が考えていることをある程度読み取ることができる。

ただし、あくまで相手の感情の動きを読み取るだけなので、相手が強固な意志により感情を抑えている場合や「オーダー66」に事務的に従っていた時のクローン・トルーパーのように感情を伴わずに行動している場合などにはその行動を予測できないことも多い。実際ヨーダやメイス・ウィンドゥ達は、目の前にいるパルパティーン議長が実はシスの暗黒卿ダース・シディアスであると見抜けなかった。これはシディアスが、その強固な意志で感情を抑えていたからである。

特に、ヨーダとメイスは、自分たちの神通力に陰りが生じてきたことを自覚しており、それが敵の知れる所になることを危惧した。後に、シスの暗躍に対し盲目であったがために、台頭を許したと猛省している。

他人の心を操る 編集

「マインドトリック」「心理操作」とも呼ばれる。上記の「他人の心を読み取る力」に関連して他人の心に確信を植え付け、行動をある程度操ることができる。フォースを集中させながら、ひらりと掌をかざし相手に話しかけると、相手はその言葉の通りに思考しそれを鵜呑みにする。

しかし相手が強固な意志を持っていると通用しないことがあり、ハットトイダリアンなどマインドトリックに抵抗力のある種族もいる。命令に従って動いているだけのストーム・トルーパーなどには、軒並み有効なようである。

自分の考えを相手に送る 編集

上記の「人の心を操る力」に関連して、頭の中に抱いたイメージを他人に送ることができる。ジェダイ同士であればそれを利用して言葉を使わずに会話をすることも可能であり、この能力を応用して戦闘の際に複数のジェダイが意識を共有する「フォース・メルド」という戦法も編み出された。

筋力の増加 編集

普段のジャンプ力では届かないような高さまでジャンプしたり、目にも止まらない速度で走る、普通の人間には曲げられないような強度の金属を曲げることができる等。

ヨーダは戦闘時にこの能力を使うことで普段は杖を必要とするほど衰えている体力をカバーし、むしろ他のジェダイよりも素早い動きを可能にしている。また、ダース・シディアスやドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)といったシスの暗黒卿も見た目は老人であるにもかかわらず、驚異的な身体能力を発揮している。

その他の力 編集

その他、それぞれのフォース感知者によって大きく能力が違うものとして、

  • 体内の毒の浄化
  • 癒し
  • 人探し
  • 自分の知らない言葉を使う
  • 相手の意識を遮断する(眠らせる)
  • 心臓を止める技(モリ・クローと呼ばれ、ヤドルが主に使用)
  • 相手に強力なめまいと吐き気をもよおさせる技(マラシーアと呼ばれ、オポー・ランシセスが主に使用)
  • 動物・昆虫とのコミュニケーション(ジェイセン・ソロが主に使用。キ=アディ=ムンディはこの能力を応用し、動物を召喚することが出来る)
  • 電子回路を修理もしくは誤動作させる(アナキン・ソロが主に使用。メイス・ウィンドゥはこの能力を応用し、素手でドロイドの配線を掴むことでハッキングし操ることが出来る)

などがある。

フォース・ライトニング(Force Lightning) 編集

フォース・ライトニングとは、熟練したシスの暗黒卿が使用する、指先から青白い電撃を放つ技である。劇中ではパルパティーン(ダース・シディアス)、ドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)が使い、パルパティーンは必殺技としてこれを使用している。

劇中においてダース・モール、ダース・ベイダーはこれを使ったことがない。前者については諸説あり、単に映画で使わなかっただけという説や、そこまでの力がなかったなど様々であるが、力不足であると言う説が最も有力である。後者は、これを使うと自身の生命維持装置を破壊することとなり、自らの死へと直結することになる(ジュニア版小説の設定ではあるが、フォース・ライトニングを使うには生身の肉体が必要なため、手足が機械となってしまったベイダーにはフォース・ライトニングは使用できない、とされている)。

なお、ダース・ベイダーはパルパティーンを倒す際に彼が放っていたライトニングが直撃してしまったせいで生命維持装置が壊れ、息子のルークにヘルメットを外してもらった事が原因で死亡した。

ライトニングはライトセーバーで防いだり偏向できる。また、ヨーダとドゥークー伯爵は作中でこれを素手で防いでみせ、ヨーダの場合「吸収」したり相手に返したりしている。

その他の用例 編集

エピソード4(第1作)に登場したルークのスピーダーが空中を浮いて走っている表現において、一部のシーンで土台を隠すためにカメラのレンズにワセリンを塗って撮影しており、生じた茶色の染みをスタッフが苦し紛れに「フォース」と呼んでいた。これは特別編ではデジタルで修正されている。

関連項目 編集

cs:Síla (Star Wars) da:Kraften de:Star Wars#Die Macht el:Δύναμη (Πόλεμος των Άστρων) en:Force (Star Wars) es:Fuerza (Star Wars) fi:Voima (Tähtien sota) fr:Force (Star Wars) he:הכוח (מלחמת הכוכבים) it:Forza (Guerre Stellari) lt:Jėga (Žvaigždžių karai) nl:De Kracht no:Kraften pl:Moc (Gwiezdne wojny) pt:Força (Star Wars) ru:Сила (Звёздные войны) simple:The Force sv:Kraften th:พลัง (สตาร์ วอร์ส) tr:Güç (Yıldız Savaşları) vi:Thần lực (Chiến tranh giữa các vì sao) zh:原力