FANDOM


フィニーズ・ヴァローラム (Finis Valorum) は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物。エピソード1の時点での銀河共和国元老院議長。演じたのはイングランド出身の俳優テレンス・スタンプである。

テンプレート:ネタバレ

人物 編集

1000年にわたって政治家を輩出した有力な家系の出身で、旧銀河共和国の末期においては数少ない良心的な政治家だった。だが、ダース・シディアスの策略により根拠のない汚職の嫌疑をかけられてしまう。それでもなお、腐敗した共和国を立て直そうと必死の努力を続けていたが、正規の手続きに縛られカリスマ性に欠けていたため、なかなか実績を上げられなかった。

通商連合によるナブー封鎖に際し、元老院が不毛な議論を繰り返すのに辟易した彼は、密かに2人のジェダイの騎士、クワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービを、特使として通商連合総督ヌート・ガンレイのもとへ送った。その後、2人の手引きでナブーを脱出したアミダラ女王のために緊急議会を招集したが、その場で不信任案を提出され、それが可決。元老院議長の座を退くこととなった。選挙の結果後任は、後に銀河帝国皇帝となるパルパティーンになった。

彼はその後も政界に留まりつつ難民救済事業に従事していたが、ジオノーシスの戦いの16ヵ月後ベイル・オーガナ達に「パルパティーンに逆らった議員が次々と消えている」と言った後、独立星系連合の手によって(だと公式発表ではされている)乗っていた宇宙船が爆破され他の乗組員と共に死亡した。その後、彼の政治的功績を称えて元老院議事堂ホールに記念碑が建てられたが、この事件をきっかけとしてパルパティーンは法改正を行い強力な警察権を手に入れた。

名前 編集

彼の名前フィニーズ (finis) は「終わり」を意味するfinisからきているという説や、finis valorum自体がラテン語で " the end of values " を意味しているという説もある。つまり、彼が旧共和国の最後の元老院議長である事を暗示しているものと推測される。後任者パルパティーンの正体はヴァローラムを陥れたダース・シディアスであり、後に共和国を葬り去って『皇帝』に即位してしまうことを考えると、真の意味で『銀河共和国最後の元老院議長』だったのはヴァローラムである。

外部リンク編集

eu:Finis Valorum fr:Finis Valorum it:Finis Valorum nl:Finis Valorum pl:Finis Valorum sr:Финис Валорум