FANDOM


ナタリー・ポートマン
Natalie Portman
トロント国際映画祭にて(2010年)
トロント国際映画祭にて(2010年)
本名 Natalie Hershlag
ヘブライ語נטלי הרשלג
生年月日 1981年6月9日(37歳)
出生地 テンプレート:ISR エルサレム
国籍 [[image:テンプレート:Country flag alias ISR|border|25x20px|テンプレート:Country alias ISRの旗]] Flag of the United States(二重国籍)
民族 ユダヤ系アメリカ人
活動期間 1994年 -
主な作品
レオン
スター・ウォーズ』シリーズ
クローサー
Vフォー・ヴェンデッタ
ブラック・スワン

ナタリー・ポートマンNatalie Portman, 1981年6月9日 - )は、アメリカで活躍するイスラエル出身の女優。公称身長160cm。

生い立ち 編集

イスラエルの首都エルサレムにて、ナタリー・ヘルシュラグNatalie Hershlagヘブライ語נטלי הרשלג )として生まれる。父アブナー・ヘルシュラグはイスラエル人の産婦人科医、母シュリー・スティーヴンスはユダヤアメリカ人のアーティスト(現在はナタリーのエージェント)。ひとりっ子。父方はポーランドルーマニア系からの、母方はロシアオーストリア系からのユダヤ教徒の血を引く。ルーマニア出身の父方の曾祖母は第二次世界大戦中、イギリスのスパイを務めていた[1]。また父方の祖父母はアウシュビッツ強制収容所で死亡している。芸名のポートマン(Portman)は母方の祖母の旧姓である。

3歳の時にアメリカのワシントンD.C.に移住。1988年からはコネチカット州で、1990年からはニューヨーク州ロングアイランドで育つ。インタビューで『私はアメリカを愛しているけど、気持ちはエルサレムにある。そこが本当の家だと思っているから。』と答えている[1]

教養 編集

ヘブライ語と英語を習ったのち、ニューヨーク州グレン・コーヴにあるユダヤ人の小学校に入学する。本人曰く、高校時代は、試験では常に平均90点以上を維持し続け、成績はオールAだった。また高校の最終試験を受けるため、スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスワールド・プレミアには欠席している。その後、ハーバード大学イェール大学に合格。1999年にハーバードへ進学しローウェル・ハウスに入寮する。心理学を専攻し、心理学研究所ではアラン・ダーショヴィッツのアシスタントも務めた[2]。また、ハーバード大学法学部生が学生新聞ハーバード・クリムゾンに寄稿したイスラエル人の入植を批難する記事に対し、反論記事を寄せている[3]。2003年に卒業。2004年春にはヘブライ大学大学院にて中東問題の研究に参加。2006年にはコロンビア大学にてテロリズム対テロ作戦について、ゲストとして講義を行った[4]

高校生だった1998年に書いた“A Simple Method To Demonstrate the Enzymatic Production of Hydrogen from Sugar”はIntel STSに掲載された[5]

英語ヘブライ語(後者は若干なまりがあると言われる)が母語で、フランス語日本語ドイツ語を独学し、アラビア語も学ぶ。

キャリア 編集

1990年代 編集

ファイル:Natalie Portman laughing.jpg

4歳からダンスレッスンを始める。10歳の時にロング・アイランドのピザレストランで、エージェントに化粧品会社レヴロンモデルとしてスカウトされる。当初モデルに興味は無かったがスカウトの「パトリック・スウェイジにも会える」との言葉に惹きつけられたという。モデルよりも演技に興味があるということで、俳優を目指す。

1994年にオフ・ブロードウェイでの舞台『Ruthless!!』でデビューし、リュック・ベッソン監督の『レオン』で2000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれ、映画デビューもする[6]。『レオン』で注目を集めたが、『ロリータ』のロリータ役を拒否するなど、ロリータ的イメージやラブシーンを敬遠する。

1999年公開の『スター・ウォーズ』新三部作でヒロインのパドメ・アミダラを演じる。同年公開の『地上より何処かで』でスーザン・サランドンの娘を演じ、ゴールデングローブ賞 助演女優賞にノミネートされた。

2000年代 編集

大学在学中は学業を優先にしていたため、映画の出演は少ない。2001年にマイク・ニコルズが監督した舞台『かもめ』に出演し、メリル・ストリープケヴィン・クラインフィリップ・シーモア・ホフマンと共演。2003年には小さい役ながら『コールド マウンテン』に出演。

2004年に俳優ザック・ブラフの初監督作品『終わりで始まりの4日間』に出演。同年公開の『クローサー』でのストリッパー役でゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞し、アカデミー助演女優賞にもノミネートされた。

2005年には『Vフォー・ヴェンデッタ』で役柄に合わせて髪型をスキンヘッドにし、この姿で第58回カンヌ国際映画祭(『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のワールドプレミアのため)に出席した。同年4月に出演した『サタデー・ナイト・ライブ』では自身の自虐的なラップ・ビデオのパロディに出演。

2008年公開の『ブーリン家の姉妹』ではアン・ブーリンを演じ、同年開催の第61回カンヌ国際映画祭では審査員を務めた。同年、映画製作に興味を持っていることから、映画製作会社(Handsomecharlie Films)を設立。自身初の監督作品である短編映画『Eve』、ホラー映画『サスペリア』のリメイク、自身が主演する『17 Photos of Isabel』を手がける。また、ブラッド・ピットと共演予定の『Important Artifacts and Personal Property from the Collection of Lenore Doolan and Harold Morris,Including Books,Street Fashion,and Jewelry』の映画化作品の企画も進めている。

2009年にクリスティン・アイルワードと共に映画サイト(makingof.com)を開設した。

2010年代 編集

2010年に公開されたダーレン・アロノフスキー監督作の主演映画『ブラック・スワン』では9キロ減量し、次第に精神が壊れていくバレリーナ役を熱演し、その演技を絶賛され、第83回アカデミー主演女優賞をはじめとするさまざまな賞を受賞。映画のヒットにも貢献した。 2011年1月には主演映画『抱きたいカンケイ』が全米で公開され週末興行収入初登場1位を獲得し、ポートマンには珍しいラブコメ映画で新境地を開いた。

私生活 編集

8歳の頃からベジタリアン(菜食主義者)であり、食肉そのものはもちろん、加工品やゼラチンも食さない。菜食主義について、「9歳の時に見た鶏のレーザー手術のドキュメンタリーを観て以来、肉も魚も口にしていない。ただ動物が好きだから価値観に従うまでです。絶対に食しません。」と語る[7]

好きな映画は『ダーティ・ダンシング』で主演のパトリック・スウェイジのファンである。

煙草嫌いを主張したこともあったが、現在は喫煙者である。

2008年の大統領選挙民主党内の予備選挙)においてヒラリー・クリントンを支持していたが、「オバマも好き」という発言をしている[8]

1999年にはルーカス・ハースと、その後ミュージシャンのモービー[9]と、2003年から2004年まではガエル・ガルシア・ベルナルと交際。その後もジェイク・ギレンホールマルーン5アダム・レヴィーン (レヴィーンが音楽誌『INROCK』で交際を否定) との噂があり、2005年にイスラエル人俳優リロン・レボと、2007年にはファッションブランド「Rag & Bone」の創始者のひとりで元モデルのネイサン・ボーグルと交際、2008年3月頃からはプロモーションビデオで共演したミュージシャンのデヴェンドラ・バンハートと交際を始めたが、同年9月に破局[10]。2010年12月、『ブラック・スワン』で共演したフランス人振付師のべンジャマン・ミルピエ(Benjamin Millepied)との婚約・妊娠を発表。

主な出演作品 編集

映画 編集

公開年邦題
原題
役名備考
1994 レオン
Léon
マチルダ
Developing ニーナ 短編映画
1995 ヒート
Heat
ローレン・グスタフソン
1996 ビューティフル・ガールズ
Beautiful Girls
マーティ
マーズ・アタック!
Mars Attacks!
タフィー・デイル
世界中がアイ・ラヴ・ユー
Everyone Says I Love You
ローラ・ダンドリッジ
1999 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars Episode I: The Phantom Menace
パドメ・アミダラ
地上より何処かで
Anywhere But Here
アン・オーガスト ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2000 あなたのために
Where the Heart Is
ノヴァリー・ネイション
2001 ズーランダー
Zoolander
本人 カメオ出演
2002 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
Star Wars Episode II: Attack of the Clones
パドメ・アミダラ
2003 コールド マウンテン
Cold Mountain
サラ
2004 終わりで始まりの4日間
Garden State
サマンサ
クローサー
Closer
アリス/ジェーン・ジョーンズ ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
アカデミー助演女優賞ノミネート
2005 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
パドメ・アミダラ
フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜
Free Zone
レベッカ
2006 Vフォー・ヴェンデッタ
V for Vendetta
イヴィー・ハモンド
パリ、ジュテーム
Paris, je t'aime
フランシーヌ 「フォブール・サン・ドニ」編に出演
宮廷画家ゴヤは見た
Goya's Ghosts
イネス/アリシア
2007 マイ・ブルーベリー・ナイツ
My Blueberry Nights
レスリー
ダージリン急行
The Darjeeling Limited
ジャックのガールフレンド
ホテル・シュヴァリエ
Hotel Chevalier
短編映画
『ダージリン急行』と同時上映
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
Mr. Magorium's Wonder Emporium
モリー・マホーニー
2008 ブーリン家の姉妹
The Other Boleyn Girl
アン・ブーリン
2009 ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
リフカ
マイ・ブラザー
Brothers
グレース・ケイヒル
水曜日のエミリア
The Other Woman
エミリア・グリーンリーフ 別題:Love and Other Impossible Pursuits
2010 メタルヘッド
Hesher
ニコール
ブラック・スワン
Black Swan
ニーナ ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
アカデミー主演女優賞受賞
2011 Your Highness イザベル
抱きたいカンケイ
No Strings Attached
エマ・フランクリン
マイティ・ソー
Thor
ジェーン・フォスター

舞台 編集

CM 編集

ミュージック・ビデオ 編集

TV 編集

主な受賞 編集

関連書籍 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite news
  2. Peretz, Evgenia (2006-04). "What Natalie Knows". Vanity Fair. natalieportman.com. 2010-06-09 閲覧。
  3. "Natalie Portman Strikes Back". 2010-09-06 閲覧。
  4. テンプレート:Cite news
  5. テンプレート:Cite journal
  6. ディレクターズ・カット版のDVDは、本名であるNatalie Hershlagと記載する。
  7. NCR2 (2008年1月4日). "ナタリー・ポートマン、映画を観て菜食主義に". 同月7日 閲覧。
  8. The Hollywood Gossip (2008年3月6日). "Natalie Portman Supports Hillary Clinton". 同年8月4日 閲覧。
  9. MTV JAPAN Celebrity News (2008年2月29日). "モービー、ナタリー・ポートマンと交際していた". 同年9月27日 閲覧。
  10. MovieWalker (2008年9月27日). "ナタリー・ポートマン、ミュージシャンと破局". 同日 閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Commons


テンプレート:アカデミー賞主演女優賞 2001-2020テンプレート:Link GA テンプレート:Link GA

an:Natalie Portman ar:ناتالي بورتمان arz:ناتالى بورتمان az:Natali Portman be:Наталі Портман be-x-old:Наталі Портман bg:Натали Портман bn:ন্যাটালি পোর্টম্যান bs:Natalie Portman ca:Natalie Portman co:Natalie Portman cs:Natalie Portman cy:Natalie Portman da:Natalie Portman de:Natalie Portman el:Νάταλι Πόρτμαν en:Natalie Portman eo:Natalie Portman es:Natalie Portman et:Natalie Portman eu:Natalie Portman fa:ناتالی پورتمن fi:Natalie Portman fr:Natalie Portman fy:Natalie Portman ga:Natalie Portman gl:Natalie Portman gv:Natalie Portman he:נטלי פורטמן hi:नताली पोर्टमैन hr:Natalie Portman hu:Natalie Portman hy:Նատալի Փորտման id:Natalie Portman io:Natalie Portman it:Natalie Portman ka:ნატალი პორტმანი kn:ನಟಾಲಿಯಾ ಪೋರ್ಟ್‌ಮ್ಯಾನ್‌ ko:나탈리 포트만 la:Natalia Portman lb:Natalie Portman lt:Natalie Portman lv:Natālija Portmane mk:Натали Портман mr:नॅटली पोर्टमन ms:Natalie Portman nds:Natalie Portman nl:Natalie Portman no:Natalie Portman pl:Natalie Portman pt:Natalie Portman ro:Natalie Portman ru:Портман, Натали sh:Natalie Portman simple:Natalie Portman sk:Natalie Portmanová sl:Natalie Portman sq:Natalie Portman sr:Натали Портман sv:Natalie Portman ta:நடாலீ போர்ட்மேன் te:నటాలీ పోర్ట్‌మన్ th:นาตาลี พอร์ตแมน tl:Natalie Portman tr:Natalie Portman ug:ناتالىيە پورتمەن uk:Наталі Портман uz:Natalie Portman vi:Natalie Portman yo:Natalie Portman zh:娜塔莉·波特曼 zh-min-nan:Natalie Portman