FANDOM


インペリアル・マーチ、正式には帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ) ( The Imperial March ( Darth Vader's Theme ) ) は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初めて使用された、ジョン・ウィリアムズ作曲の映画音楽の1曲である。

この曲は、ライトモティーフ(示導動機)という手法を利用して映画のいたるところで用いられ、メイン・テーマと共にスター・ウォーズシリーズを代表する音楽の1つである。銀河帝国軍やダース・ベイダーを示す主題であり『ダース・ベイダーのテーマ』として知られている。

この曲の主題は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』や新三部作(エピソード1~3)などでも使用された。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』ではアナキン・スカイウォーカーダース・ベイダーに変容することへの暗示、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』では共和国軍が帝国軍へつながることへの暗示、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』でも帝国成立の後、複数の場面に使われている。ヨーダダース・シディアスに弟子ベイダーを信用しないよう不吉な予言をするシーンは最終的にこの予言が的中する暗示として、またサイボーグとなったベイダーが歩くシーンでは、全てを失いもはやシス卿としての人生しか残されていないベイダーの悲劇の象徴として、いずれも本来のBGMにこの主題をアレンジする形で追加されている。

参考 編集

日本における本曲の著名な事例

  • スター・ウォーズ公開当時、映画の大ヒットによってこの曲も有名になり、SFマニア達の間では自然発生的に歌詞の無い本曲に適当な歌詞(例:「牛乳と~コッペパン~コッペパン」)を付けて口ずさむ替え歌遊びが静かに流行する。当時日本SF大会などでは大勢で歌われた事があった。中でも「帝国は~とても~強い」で始まるものは特に有名になり、1983年の日本SF大会大阪コンベンション(DAICON4)の広報企画として参加者に配布されたカセットテープ「プログレスレポート」にも収録されている。後にこの替え歌は1980年代後半の漫画『気まぐれコンセプト』で紹介され、全国的に有名になった。なお、寺島令子の著作「墜落日誌」の中で、ひぐちきみこの発言として「作詞は赤井孝美である」[1]と書いているが、テンプレート:要出典範囲
  • 1990年代後半、日本テレビの人気バラエティ・『進め!電波少年』において、プロデューサーである土屋敏男(Tプロデューサー)登場の際に本曲が用いられた。この番組ではTプロデューサーが番組に出演した芸人に強権を発動して、非常識な無理難題を強いた事から、この曲は「悪の大ボスのテーマ」としてスター・ウォーズを見ていない若い世代にも広く認知された。
  • 2005年に『ウクレレ・フォース』で栗コーダーカルテットがカバーした「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」が、やる気のないダース・ベイダーのテーマと称され、原曲の威圧的なイメージとリコーダーの柔らかい音感の脱力感とのミスマッチが人気をよんだ。
  • 日本テレビロンQ!ハイランドにおいて、2007年3月4日からスタートしたプープー星人の逆襲でプープー星人達が登場する時に本曲が用いられている。
  • 芸人であり、またミュージシャンでもあるこまつは、坂本九の「上を向いて歩こう」と本曲を織り交ぜた楽曲を演奏する事で有名となった。

脚注 編集

  1. ログイン』(アスキー)連載の第77回。『墜落日誌2』(アスキー)に所収。ひぐちは赤井の妻である。
de:The Imperial March

en:The Imperial March es:Marcha Imperial fi:Imperiumin marssi fr:La Marche impériale ru:Имперский марш wuu:帝国进行曲 zh:帝國進行曲