FANDOM


アイラ・セキュラAayla Secura)はアメリカ映画スター・ウォーズ』の登場人物。ジェダイの騎士として共和国時代末期に活躍した。

概要 編集

クインラン・ヴォスの弟子として成長したアイラは、共和国軍の初陣となったジオノーシスの戦いにも参加したジェダイの一人である。武器を失って他のジェダイと共にを覚悟した瞬間、彼女らを救ったのはヨーダ率いるクローン・トルーパーの軍団であった。

辛くもジオノーシスでは生き残ったアイラであったが、クローン大戦の激化と共に事態の沈静化のため銀河系各地に派遣される事となる。しかし、大規模ドロイド工場を制圧するために派遣された惑星ハイポリでは、独立星系連合の奇襲とグリーヴァス将軍の登場で全滅寸前まで追い込まれ、アイラ自身も重傷を負った。

その後、仲間のジェダイ救出のために赴いた惑星フェルーシア分離主義勢力と対峙していた頃、遠く離れたコルサントではパルパティーンによってオーダー66が発令された。この指令を受け取ったアイラの部下、コマンダー・ブライは何のためらいもなく彼女に銃口を向け、不意を突かれたアイラは避ける間もなく不意打ちを食らった。そのまま射殺されたと思われたが、その後彼女を主人公としたサイドストーリーのコミックが描かれており、オーダー66では瀕死の重傷を負ったものの、辛くも一命を取り留めたとされている。テンプレート:要出典

ちなみに、スター・ウォーズ映画にしては珍しくスピンオフ作品から「逆輸入」されたキャラクター(設定)である。[1]

配役 編集

アイラ・セキュラを演じたエイミー・アレンAmy Allen)は同映画の視覚効果を担当したILMの社員であり、「エピソード2」製作にも参加していた。彼女の本職が俳優ではないためか、映像化されたアイラ・セキュラには全くセリフがない(アニメスター・ウォーズ クローン大戦では、他のマイナーキャラクターの多くが台詞を話しているにも関わらず、アイラは歓声だけである)。

脚注 編集

  1. 『スター・ウォーズ・インサイダー 「クローンの攻撃」スペシャル・イシュー』(ソニー・マガジンズ)より。Star Wars Republic #19: Twilight, Part 1 (28 June 2000)でアイラは初登場。
ca:Aayla Secura

cs:Aayla Secura en:List of Star Wars characters#S es:Aayla Secura eu:Aayla Secura fi:Luettelo Tähtien sodan sivuhahmoista#Aayla_Secura fr:Aayla Secura it:Aayla Secura nl:Aayla Secura pl:Aayla Secura pt:Aayla Secura sv:Aayla Secura tr:Aayla Secura